メタモルフォーシス・クォーツ(水晶)

メタモルフォーシスメタモルフォーシス・クォーツとは、乳白色半透明の水晶で、ブラジル・ミナスジェライス州のただ2つの鉱山からのみ産出される石です。
それ以外の鉱山で採取された水晶は、姿が似ていてもメタモルフォーシスとは呼ばれません。

この水晶にガンマ線を照射すると、金色を帯びた緑色に変容することから「メタモルフォーシス=変身、変容」と名づけられました。

名付け親のMerody氏はクリスタルワーカーの第一人者。当店でご紹介しているメタモルフォーシスはすべて、Merody氏と親交の深いメタフィジックストーン輸入卸業者のアース・ラヴ・ワークスさんから入荷した石です。

メタモルフォーシス鉱物学的には水晶ですが、結晶構造内に微量のハフニウム、バリウム、銅、ニッケル、ストロンチウム、アルミニウムを含んでおり、ミルキークォーツ(乳白水晶)とは異なります。

乳白色は微小な内包物によるもので、原石に光を当てるとオパールような光彩が見られます。また、適切なカットを施すと、表面に六条~八条のスターが見られます。

メタモルフォーシス・クォーツは「変革の石」「変容を促す石」と言われています。

大きな変革のただ中で行き先を見失ったとき、新しい環境への不安にさいなまれている時、メタモルフォーシス・クォーツはあなたが本当に大切にすべきことを教え、激しい変化にも耐える強い心を与えてくれると言われます。
アース・ラヴ・ワークスの塩原さんはこの石を身につけるようになってから「変化を受け入れるのが楽になってきた」とおっしゃっていました。

メタモルフォーシス証明書Merody氏発行の正式な証明書をお付けします。
(写真の左右いずれかの証明書がつきます。)

メタモルフォーシス・クォーツ ロッド

ロッドはメタモルフォーシス特有の美しいスターが出るようにカット・研磨した石です。この石の力を最大限に引き出すことができるとされています。

メタモルフォーシス・クォーツ 丸玉

メタモルフォーシス・クォーツ タンブル

メタモルフォーシス・クォーツ ペンダントトップ

当店ではお客様の個人情報を保護するため、サーバ証明書を取得し、サイト全体にSSL(暗号化通信)を導入しています。